簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

女子就活生はとても大変。


新しい連載を始めました!→ こちら。

ここに書いてしまうと問題になるような気もしつつ、個人的なブログなのであえてスルッと記してしまうが、採用担当者たちと顔を合わせていると「優秀な就活生を上から並べてしまうと、女子ばかりになってしまうんですよね」と困惑していた時期がある。優秀な学生が欲しいと息巻いているにもかかわらず、その優秀な人たちが目の前に現れて困惑するとは何事か、という感じだが。いわゆる採用担当者の辛い部分なのだ。当然、男子就活生だって優秀だが、優秀なのに苦戦しているという女子就活生は意外に多い。

話してみても感じがいいし、成績も悪くない。学生時代にいろんなことに取り組んで、仕事に対する意欲も高い。なのに、最終に近いところで落とされてしまうと。そういう相談に乗るたびに、いつの日にか話をした採用担当者たちの苦悩の顔が浮かぶ。いま、かなりの企業が女子であるという理由で不利になることは少なくなったが、それでもまだ、男子と完全に平等であるとは言い難い。結婚や出産、子育てなどのライフイベントの関係で、女子はキャリアプランを『企業側が』描きにくいのが、理由の一つだろう。

従って、採用担当者レベルが採用したいと考えても、現場を預かる役員クラスが承認を出さない、もしくは暗に嫌がるというケースは多い。当然、建前上は「うちは男女関係ないですよ、だって、そういう時代じゃないですか」とは言ってはいるが。事実「一番優秀な女子であっても、一番下の男子より劣る」なんてことをいいながら、女子就活生に人気のある企業のトップに君臨している人もいたくらいだし。ただ、少しずつだけど変化は起きている。それでも、この流れはやはり一朝一夕では変わることはない。

採用担当者は、優秀な人を採用したければ、社内の仕組みを変える必要がある。キャリアプランの複線化や、給与体系の見直しも必要だ。同時に『定義の曖昧な優秀という言葉に振り回される』新卒採用も止める必要がある。適材適所という言葉に立ち返って、適所に求められる人たちを探してあてがうことが大切になってくる。単純に『女性の働きやすい職場です』といっているだけでは埒があかないのだ。そもそもそういうことを言わなければならない時点で、間違っているのだが。残念なことに、それがまだ現実でもある。