読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

就活生とお話しする機会。



連載が更新された。先週の続きという感じだろうか。就活生を支援している人たちがいつの間にかたどり着いてしまった、不思議な場所について書いている。これを読んで激高する就活アドバイザーを称する人や、支援する活動をしている人たちは多いと思う。ただ、ここには書かなかったが、こういう活動をする人たちには根本的な問題がある。それは就活生が好きであるということだ。彼らと話すと必ず「学生が好きなんですよ、結局」というセリフを吐く。それで、ずっと学生と囲まれていることを望んでしまう。

コラムに書いた場所に出かけてみると、その異様さにあぜんとするだろう。例えば、採用担当者も参加していて「イマドキの就活ってオカシイと思うんです。そういう就活はいつも問題だと思っています。そういうお話ができればいいと思っています」と学生に挨拶するのだ。いやいや、それはアナタたちが変えれば済む話で、当事者たちが『オカシイ仕組みだと思っていること』をまったく手をつけないで「でも、あれってオカシイよね」と社外で話すなんて、あり得ないだろう。そういうことがまかり通ってしまう。

内定した学生も「イマドキの就活の仕組みって変だと思うんです」とこういう場所では話して意気軒昂だけれども、実際に就職してしまうとそういうことは忘れてしまう。内定時の研修などで採用担当者たちと接点がある間に話のひとつでもすればいいのに、それはしないで、結局終わり。ただ、こういう場所は好きなので、社会人になっても『OB』として顔を出して、イマドキの就活を憂い、自分の経験を開陳する。当事者ではないので、気楽なものだ。凄いですねーと褒められるしね。

こういう場を主催している人もそうだ。結局『支援』と名付けて、現状を憂いているけれども、抜本的なことには手をつけない。採用担当者たちに声をかけ、そこからでも変えればいいのだが、そういうこともしない。ただ「イマドキの就活ってあり得ないと思うんです。だから、できることから支援していきたくて」と言い訳しながらできそうなことだけをする。それが『就活好きの就活生を産み出している』ことに対する自覚をすることなく。もう少し考えようよという話をページビューの少ない月曜日にコソッと書く私(笑)