読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

就活を不透明にする犯人。



就活を複雑なものにしているのは強欲に見えるナビサイトでも就活生を支援する怪しげなキャリアアドバイザーでも手を打たずに傍観しているように見える学校関係者でもない。企業そのものだと思っている。多くの企業は、自社の事業をできる限りオープンに伝えようとしているように見えるし、採用のプロセスを明らかにしているように見えるし、その選考基準も明確にしているように見えるし、その後の育成についてもできる限りケアしているように見える。正しくいうと見せている。

けれども、求める人物像は『なぜその人物が求められるのか』はとても曖昧な表記に終始しているし、自社の事業をおおざっぱにまとめた上で、ザックリとした人材要件定義をするものだから、結局、如何様にでもとれる書き方になり、それを読む就活生は混乱してしまう結果となる。採用のプロセスにしても、こういう選考をしますというモデルのようなものを提示することはあるが、詳細は不明であり、採用実績校も明らかにしないし、どの選考プロセスでどのくらいの人が通過したり落とされたりするかも、不透明だ。

公表しない理由はいくらでもあるだろうし、そういうことを公表する必要もないと、実は個人的に思っているのも事実だ。ただ、どうして自分が落とされるのかわからない就活生が増えれば増えるほど、それに対応するための『小手先の技のようなもの』が、開発されて、本当に効果があったのかどうかわからないままに、それがビジネスの種になっているのもまた、見逃してはならない。少なくとも、どの程度の応募があり、それぞれの選考でどの程度の人間が通過するのかが見えると、就活生が感じる理不尽さは軽減される。

企業の採用担当者と話すと「個人的にはいまの就活はオカシイと思っている」とぼやく人は多い。だったら、自社から変えるべきだと私は思っているし、そういう風に忠告して、具体的なアドバイスもする。ツイートしたライフネット生命は、自社のサービスを『透明化してみせる』ことで、ブランド価値を高めている企業だ。就活も同じ手法で価値を高め始めている。この手法そのものは、別に難しいことはなにもない。大切なのは『腹を括る勇気』を企業が持てるかどうかだ。採用担当者は飲み屋で愚痴っている場合ではない。