読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

ソー活って言葉が登場と。



ソーシャルメディアを利用して新卒採用をする企業が増えてきたということは、裏を返せばソーシャルメディアを利用して就活をする学生や社会人も増えてきているということ。流行語大賞にノミネートされている(苦笑)くらいだから、まあ流行ものなんだろう。ただ、ソーシャルメディアを使って採用活動をしている企業のほとんどは、ソーシャルメディアを従来の採用活動の中に取り入れただけに過ぎず、別段ソーシャルメディアならではの採用活動をしている企業は少ない。リクナビの代わりにFacebookって感じだろうか。

先日、そういう「先進的な(汗)」取り組みをしている企業が事例を紹介する会合に呼ばれて出かけてみたが、それらの企業の多くが「ウチがこういうことに取り組んでいるというある種の意外性が大事だと思って、いち早く取り組みました」という話をしていて驚いてしまった。ソーシャルメディアを使った採用活動をすることが、話題になれば良いということなのだろう。先進性をその程度でアピールされても困るのだが、現実的にはその程度でも話題になり、事例として発表できるのでさもありなんって感じ。

ソーシャルメディアを利用した採用活動は、本来「人と人との繋がりが、ある程度可視化できた状態」と「そこで個人が開示しているパーソナリティを確認」することで、今までのアセスメントととは違う方法が提示できるはずだ。その上で、企業と個人、その企業とかかわる個人同士を接続することで、企業と就活生の距離を「より良いものにする」ことが可能になる(曖昧な言い方にしておく・笑)。ただ、間違ってはいけないのは「ソーシャル」という言葉の意味だ。そう、社会的な繋がりという意味以上のものはないのだ。

ソーシャルメディアを使っているから先進なんて馬鹿げた議論はする必要ゼロだが、メディアやツールに過剰な期待をしたり、妙な幻想を抱いてもダメだ。あくまで自社が求める人物を見つけ出し、口説き、入社させ、シッカリと働いてもらう(=ここは重要だが、採用担当者は忘れがち)ことが、採用担当者たちの仕事であり、そのためにどうやってソーシャルメディアを使うのか、が肝心なのだ。そのためには、就活というプロセスそのものにメスを入れる必要があるのだが、話がそこまでいかないのは残念でならない。