簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

ナビサイトは使うべきか。



さて、面白い企画が本日あるようなので、告知しておく。知り合いの浦野さんがゲストらしいのでプレッシャー(笑)をかけておく意味でも、ここに書いておきたい。実は、ナビサイトを「使う/使わない」議論は、とても馬鹿らしいことだと思っている。ナビサイトは勘違いされがちだが、あくまでツールであってルールではない。なので、使ってもいいし使わなくてもいい、ただそれだけのことだ。リクナビやマイナビでしかアプローチできない企業があって、そこに入社したいと考えるなら、ぜひ使うべきだ。

ナビサイトを「使う/使わない」議論をする時に最も気をつけなければならないのは、就活生が話しているのか、採用担当者たちが話しているのか、である。前者であれば前述の通りまったく意味がない。あくまで道具なのだから、そこにオープン当日にたくさんアクセスしてサーバーダウンすることが祭りのようになっていても、就活には何の関係もないのだ。何度も繰り返すが、使いたくなければ使わないでいいし、使う必要があれば使う、ただそれだけのことに過ぎない。そこに疑問を呈する意味は極めて薄い。

逆に採用担当者は考えるべきだろう。大きな母集団形成のためのツールとしてナビサイトは十分に寄与すると思うが、同時に「大きな母集団形成は必要なのか」そして「それはナビサイトでなくてはならないのか」ということは、これから視野に入れるべき課題だろうと思う。ただ、ここでもう書いてしまうが、ナビサイトを母集団形成だけに利用している企業は少なくなってきていることも、気にかけておく必要があるだろう。企業の多くはエントリーから能力や性格のアセスメント、面接の結果まで一気通貫で管理している。

そういうシステムである側面をナビサイトは有していて、結果的に「企業としても便利なツールとして」利用しているのだ。就活生の「データ」を管理して、一括で連絡する道具としては良くできているのだ(このあたりはナビサイトにも差があって、良くできているサイトがシェアを伸ばしている事実も見逃してはならない)。そういう点からも、ナビサイトの是非を問うことが、就活というシステムの問題点を問うことには全然ならないということを忘れてはならない。それよりも、もっと大きな問題があるのだから。

もし、就活について「課題だ」と感じている内定者がいたなら、内定先に、是が非でも採用部門にアサインしてもらうように依頼すると良い。学生時代にいくら吠えても、世の中はたいして変わらない。「他の人と違ったやり方でも良い」と伝えることが、もう「他の誰かに影響されたやり方」を推奨するという二重拘束になっていることに気がつかない人も多いようだが、ちゃんと考えればわかるだろう。多くの就活生にとって大きな問題なのは、「みんな同じ就活をする」ことではなく、内定が取れない「状態」なのだから。

フツーに大学生活を営んでいて、卒業後の進路を決める時になって「なにをしたらいいのかわからない状態」で「みんなと同じやり方」で「就活をしなければならない」ので取り組んだが「内定が取れない」ことが問題であって、途中のツールやプロセスは内定が取れれば別にどうでも良い話なのだ。問題だと感じるなら、採用担当者になるといいだろう。変えるためには、当事者にならなくてはならないのだ。もしくは官僚や議員になって「ルール」を作るのもアリだ。変えられる立場になって変えるのが一番早いのだ、たぶん。