読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

普通の就活生の生きる道。



ナビサイトがオープンして、就活の記事がネット、リアルを問わず、さまざまなメディアで花盛りである。そこに書かれていることの多くは「フツーの就活は大変な思いをする」という話か、「ハイパーな就活生以外は眼中にない、有能な人たちからのアドバイスや提言」である。フツーの就活生には「悲惨である」「同情する」という言葉以外に用意されているものは少ない。だからというのも変だが、フツーの就活生が間違えて「一見すると良いこと書いてあるけど、実は選民思考丸出し」という言説に飛びついたりしてしまう。

しかし、自分自身がフツーであると自覚しているなら、新しい言説に惑わされてはならない。なぜなら、それは「こうなればいい」という未来への提案であって、当事者である皆さんにとっては、何の助けにもならないのだ。自分自身は個性的で、誰にも負けないユニークさを持っているというのなら、いままでにない就活に取り組むことをお勧めするし、その選択を止めることはしない。が、もしそうでなければ、上のリンクにあるハウツーを読み込んで「いま、何をするべきなのか」を直視したほうが良い。

こういうまとめサイトに掲載されている情報の多くは、フツーのナビサイトにもまとめられていることばかりだ。が、第三者っぽく見えるサイトで「細切れ」かつ「口当たりが良く」しかも「即効性があるように感じられる」文章になっていると、それだけで安心するはずだから、好みによって選べば良い。フツーの就活生がなかなか内定が取れない原因の多くは「自分のことを客観視」できないことであり、その結果「フツー、何をすれば良いのかがわからなくなる」ことであり、かつ「だから変なことをしてしまう」ことなのだ。

ネットに転がっているフリーの情報を片っ端からみるだけで、自分の置かれている状況がわかるだろう。同時に、一見すると良いことを書いてある、就活生の味方ぶっている人たちの言説が、いかに「どうでもいいこと!」もしくは「いまここで言いますか?」ということであるかがわかるだろう。就活の目的は職に就くことであり内定を確保することだ。就活というシステムに異議を唱えることではない。そんなのは、就職してから「採用担当者」にでもなってからやればいいのだ。勘違いするとシンドイのは、就活生自身なのだ。