読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

学士様は同じ価値にない。



ここで利用したデータは、意外に分かりにくい場所においてあるので、目にしたことがないという人も多かっただろう。が、公表されていて、サイトに自由にアクセスできる状態で置いてあるので、誰もが見ることができる。そして、リクナビやリクルートに限らず、さまざまな就職ナビサイトを運営している会社も、調査を実施して公表しているわけだから、それらを見れば世の中に伝わっている「就活像」がいかに歪んでいるものなのかが、垣間見えるはずだ。まあ、だからどうした、って話でもあるのだが。

連載では「物事を一面的に見てはいけない」という指摘をし続けている。こういう風に切り捨てられがちですけど、実はこういう観点もあるし、こういう部分まで視野を広げておく必要もあるはずですよ、というお節介な話をしている。まあ、こういう話をすると「何をいっているんだ、それとは別に現実はこうだろう」というお叱りを受けることになる。その行動が視野の狭さなのだが、本人たちはおかまいなしだ。相手にするのも面倒なので基本的にはスルーするが、それで良いのかなと自問自答したりもする。

今回の連載では、以前から耳にしていていつか書こうと思っていた「ナビサイトに登録が完了できない就活生」の存在にスポットライトを当ててみた。これって、数年前から問題視されていたのだが、数が少ないので放置されていた現実がある。上位校と呼ばれる学校に通う学生たちがそろそろ内定で始める頃に、まだ「就活なにをやったらいいのかわからないで困っています」という学生がいるのだ。そういう学生の中には、ナビサイトに登録するやり方さえわからないのもいると。

それらを同じ大学生(少なくとも学歴上は全員学士様である)に取り扱うのは無理があるし、企業側に対処を迫るのは筋が違うだろう。企業側は社会的公器であるという前提を保ちながら、あくまで経済効率を追求するはずだ。就活をしたくないという学生まで採用するという「愚挙」にでることはないだろう。だとしたら、もっと手前で手を入れるしかないし、そのためには「その手前のプロセスにいる」関係者たちが、現実をちゃんと見るべきだろう。ただ、残念ながら現状は彼らの狭い視野の中に、それらは入らないでいる。