簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

企業の悩みは就活生より。



企業の悩みは就活生のそれと似ているという感じのまとめで、連載コラムを更新した。と書きつつ、これは連載コラムと呼んでいいのか、少し戸惑ってしまった。事実、この連載のことをブログと勘違いしている人がいて(苦笑)サカタさんブログいっぱい書いていますよね、いろんなところでと言われてしまう。確かに、いろいろと書いているけど、ビジネスメディア誠の連載は、少なくともブログではない。さて、そんなことはどうでもいいのだが、企業の悩みは実は就活生よりも深刻だという話を少し。

かつて、企業の採用活動はとてもシンプルだった。大学生は卒業するという時点で、そのほとんどが「企業で働く」ことを前提として、就職活動に勤しんだ。そうじゃない人たちもいたが、まあ、それは少数だと思っていいし(ただ、その少数派たちが、いま世の中で発言力のある立場になっていたりするので面倒だったりするが、それはまた別の話)働くことの意味や、やりたいことなんて、それほど深く考えていなかったはずだ。そういう学生が相手だったので、企業も採用活動が「し易かった」ということだ。

しかし、いまは違う。働くことの意味を考え、本当に就職活動をすべきなのか悩み、その上で、自分の適性と仕事についての相性を考え、さらには入社した企業での成長や、果てには「その先の転職のこと」まで考えている「就活生」を相手にするのだ。当然、そういうことを「受け止める」採用にせざるを得ない。まあ、この辺りは「タマゴニワトリ話」になるので難しいところだが、企業の採用活動が複雑になったから、学生が事前に考えることが増え、その結果、企業の採用活動がさらに複雑に、という感じだろうか。

その延長線上に「就職活動に使われるツールの多様化」が、企業の採用活動の複雑さに拍車をかけている気がする。アセスメントのツールはそれほど進化しないのに、告知ツールやネットワーキングのためのツールはドンドン進化していく。ナレッジの共有も朝飯前。リクナビを使って採用、なんて牧歌的なスタイルの企業はほとんどいなくなった。様々なツールやメディアなどをミックスし、自社が採用するにふさわしい就活生にアプローチしようとしている。いや、側で見ていてもホントに大変だと思う。ご苦労様なのだ。