読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

転職や就職の新しい流れ。



従来の転職や就職の絶望的なところは、求人する側が「どんな人」が欲しくて「どんな仕事をしてほしい」のか、そしてそのために「どんなスキルを求めたいのか」をまったく可視化できていないところにある。そのために、面接を何度も繰り返し、アセスメントっぽいことをする人たちを増やし、多くの人の目を通して「なんとなく」間違いないと思える人を選んでいる儀式のようなものを止められないでいる。正直、そんな茶番に付き合わされる人たちは、かわいそうでならない。

例えば、就活生に面接時に「あなたの夢はなんですか?」と質問する採用担当者は少なくないが、そんなことを聞いてどうするのだろうか。夢が素敵だったから採用しました、という採用担当者がいたとしたら、その人は即刻配置転換されるべきで、その会社の存続は危ういといえるかもしれない。夢などを聞くことで、論理的思考力を計るとか、ビジョンの大きさを見るとまことしやかに言っている人たちもいるが(挫折経験についても同様の話が多い)そもそも、そういうことがアセスメントできる訓練をみんな受けていない。

求人するサイドがまったく混乱している状況(そしてそれについて無自覚でもある)の中で、求職者ができることはそれほど多くない。まあ、就職や転職は、人生の中で何度も経験することじゃないし、通過してしまえば大きな問題ではないので、現状でもいいという考え方もあるが、実際には「あいまいに人を採り続ける」ことが、会社そのものをいかんともしがたい状況に追い込んでしまうこともまた、事実なのだ。だとしたら、新しい採用の仕組みを提案するしかないだろう。

私がプロデューサーとして関わっているサービスは、エンジニアのスキルを可視化する仕組みである。要は「どんな仕事をしてほしい」から「どんなスキルが必要」ということさえわかっている企業なら、もっとも使い勝手の良いサービスなのだ。後は「どんな人が」という部分は、スキルでスクリーニングしてから、一緒に働く職場の人間と、協業するなどのコミュニケーションをとることで、ほぼ済んでしまう。そう、面接は不要なのだ。当然、夢などを語るシーンも存在しないし、挫折経験も聞くつもりはない。それでいいと思う。

ちなみにセプテーニという会社では、新卒でそれをチャレンジします。→ こちら