読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

新卒採用は転換すべきだ。



今回のコラムを書きながら考えていのは「新卒採用という仕組みを取り続けなければならない理由はないな」ということ。確かに新卒採用はコストパフォーマンスは高い。「仕事が欲しい」という意志が明確にあって、しかもある程度まとまった人数で、能力は細かくわからないけれども、学校名などである程度ラベリングされている状態で存在するわけだから、マーケティング的な観点からいっても「おいしい」母集団であることはいうまでもない。欲しいと考えている人のカタマリにアプローチすれば良いのだから。

しかも初任給というその会社で「ほぼ」一番ローコストで雇えるわけだ。中途採用でも可能といえば可能だが、なかなか難しい。第二新卒なる言葉を作り出し、ある程度のビジネスパーソンとしての教育が済んだ人材を「初任給で調達」できそうな気配もあったが、当然「早期離職」している若手は当たり前だが重宝されないで、必要な人数を充足できないという結果になり、期待ほどは機能しなかった。企業としても「新卒で採用する」というルーティーンワークから脱出できないか、日々考えている状態が何年も続いていた。

今回の首相要請をキッカケに就活期間が短くなるとしたら「就活生にとって」知名度のある企業以外の採用活動は苦戦すること必至だろう。だとしたら、もう新卒採用は止めます、少なくともナビサイトなどの「就活採用支援ツール」を使うのは再考します、という企業が出てくるべきだろう。母集団を大きくしてそこから選別したいという気持ちはわかるが、それはおそらくかなわなくなる。新卒採用したいなら、自社を知ってくれている学生だけを相手にする、という「今までとは規模感の違う」採用を考える必要に迫られる。

個人的には「それでいいんじゃないか」と何年も前から思っているし、実際に付き合いのある企業には提案し、実践してもらっているところもたくさんある。たくさんの数と会うことで優秀な学生との接点を増やしたいという、採用担当者たちの気持ちはわかる。が、せっかく大きな転換期が来たのだから、上手に利用するべきだろう。そして、自分たち独自の新卒採用、いや、すべての採用を作り出す時期に来ているはずだ。新しいプレーヤーも続々登場するだろうし。注目したい(あ、自分もいろいろと仕掛けるのですが・汗)