簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

真面目な就活生は残念か。



久しぶりにブログを更新。今回のコラムはいろいろと突っ込みたい人が多いだろうなと思って書いた。例えば「いや、真面目に学校に来ていないヤツが内定を取っているという部分がおかしいのに、そこを指摘しないのは変だ」という意見。また「どれだけきれいごとを言ってもコツコツ真面目に頑張ったことよりも、要領が良いことが評価されるなんておかしい」という指摘。ツイッターなどでコラムの反応をチェックしてみると、同様の声が結構あがっていた。うん、気持ちはわかる。

ただ、コラムの中にも書いたが、真面目に勉強してきたのに自分は企業から評価されないとぼやく人の多くは「皆勤賞を取りました」的な自慢が多く、結果として「用意されたカリキュラムを消化しました」という「だけ」なケースがほとんどだ。ゼミに参加したり卒論を書くことや、単位には関係なく興味の持てる講義を取るということは「必要ないからしない」のだ。そう、コツコツと皆勤賞を取る=愚直に頑張っている、という図式を思い浮かべたくなるし、就活生本人もそう思い込んでいるが、意外にそうでもないのだ。

「バイトやサークルの話には飛びつくのに、研究や専攻の話には興味を示さない採用担当者ばかりだ」とぼやく声も就活生からはあがっている。が、その多くは前述の「真面目に通いました」という話か、さもなくば「企業が真面目に勉強しているという学生は欲しくない」と考えているかどちらかだろう(当然、就活生の話がつまらないというケースも考えられるが、ここでは除外しておく)。前者の話は魅力がないし、後者に至っては就活生は「私はホントにこの企業に入りたいのか?」と、自問自答することをお勧めする。

採用担当者たちの態度は改めるべきだろう。しかし、それは就活生が要求することではない。ルールづくりは彼らに委ねられている。だって、一緒に働く人を採用するのは、彼らの仕事であり、慈善事業ではないので。多くの企業は「あるべき論」で人を採ったりしないのだ。最近は「きちんと勉強をしてきた学生が欲しい」と企業は考えを改めはじめている。そう、大学はレジャーランドだとうそぶいていた時代は終わりつつある。それだって企業にとって「そうでなくてはならない」から、変化しはじめているのだ。