読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

新卒採用のいわゆる問題。



連載が更新された。今回は「新卒一括採用に対して非難する人の多くは、実際にどんなサービスが行われているのか、よく理解せずに話しているようだから、まあ、一度公式サイトをチェックしてみたら?」という話である。あくまで公式サイトに掲載されていることは建前だろうし、実際にはもっと違うサービスが行われているかもしれない。が、ある程度はオープンになっているので、確認してみた方がいいという当たり前の話を書いただけだ。もう一つ、就活ナビサイト以外のサービスだって結構ある、と知って欲しいなと。

就活生の中には「理系」や「海外留学」というカテゴリーにいれば、他の就活生とは違うルートで就職できる可能性があることを知っている人は多くない。エントリーすれば即面接という就活サービスも用意されているし、キャリア相談を受けながら内定まで伴走してくれるサービスだってある(ネット上での評判は賛否両論。否の方は「就活やれやれって言われて面倒だ」という反応が多い・苦笑)。これだって、少し調べればいろいろと出てくるわけだから「就活上手くいかない」とジッとしている暇があれば、動けばいい。

就活を批判する人の多くは「これからの話」をする人は多いのだが「いま困っている就活生」のためになる批判をする人は少ない。確かに批判をしなければ世の中は変わらないしサービスは良くならない。が、いま非難したところで「就活なう」の人たちを救うことはできない。批判している言動の多くが、就活が上手くいかない人たちの心の支えになったり、言い訳の材料になったりするので意味がないとはいわないが、結果として就職できないので、本当の意味での「救い」にはならない気もする。

最近、電通に入りたい学生に対して駒沢大学の先生が書いたというメールが評判になっている。あそこに書かれていることは当たり前のことだし、私も何度も同様のことは書いた(内容的には素晴らしいし、ああいう話は広まって欲しいと思う)。ただし、先生が「まずは自分を磨くことです」と「だけ」書いてあることが気になった。具体的にどんなことなのかは考えろ、という話なのだろうが、それができれば苦労はしないのだ。「こんな道もあるよ」という「現状打破」の提案は、具体性が必要であるとも私は思っている。