簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

採用担当者の考えること。



新しい連載を始めることにした(不定期だけど)。採用担当者の皆さんに「学生時代、やり直せるとしたらどんなことがしたいですか?」と聞き書きするだけのシンプルなもの。採用担当者たちに「学生生活をこんな風に営んでくれ」と言わせるのは簡単だが、それでは通り一遍のものになるというか、教条的になるというか。そんな話になってしまうのでつまらないし、私がする意味はあまり感じられない。それよりも、自分たちがどんな過ごし方をして、やり直すなら、ということを深く聞くだけで伝わることはたくさんある。

採用担当者の多くは「目一杯の学生生活を営んでくれれば、一緒に働きたいかどうかは判断できる」と考えている。目一杯というキーワードがとても大切で、スカスカの大学生活を営まれてしまっては、判断する材料も少なくなってしまって、相対的な評価としてはあまり高くないという結果になる。そして、目一杯のそれは言い方は悪いが「なんでも」よくて、自分の意思で「全力で」取り組んだことであれば、あとは「それぞれの価値観」による評価になることをあからさまにしていきたいと考えている。

今回のインタビュイーは「目一杯」の学生生活を営んだけど、さらに「もっと広い視野を持ちたい、今なら」と考えている。ある採用担当者にしてみれば、理想的な「熱い」学生だし、自分の目で見て、頭で考え、納得しなければ先に進めないという印象を受ける、いわゆる「面倒な」タイプの学生と考える人もいるかもしれない。そのどちらの印象も間違いではない。だから就活は正解がないし、難しいのだ。変な話をすれば「就活の準備をする」必要はないとも言える。だって、正しい大学生活なんてないのだから。

この連載を通して、それを少しでも伝えられればと思っている。今日更新されたBusiness Media 誠の連載でも書いたが、就活生に手を差し伸べる人が増えれば増えるほど、彼らの自主性を奪い、自由な時間やモラトリアム的な余裕をなくしてしまうことに無自覚な人が少なくない。制度やシステムを整えることでサポートするのも大切だが、だとしたら、その働きかけは企業にするべきで、学生とじゃれ合うことではない。企業の採用担当者たちは「多様性」が大切であることを十分理解している。それを失わせないよう「道を示す」ことが大切なのだ。