簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

明日はブログ開設一周年。



明日はこのブログを始めて一周年になる。1エントリーあたり1,000アクセスくらいを目標にしていたが、遠く届かず平均で500アクセスくらいにとどまっている。まあ、大して読まれていないブログだといっていいだろう。コツコツと続けてきたというには、あまりにも更新頻度は低めだし、書いている内容も連載のサブノート、もしくはちょっとした思いつきの類いで、周囲の知り合いですらほとんど読んでいないのも承知している。なので、親しい人と会っても自分自身のブログの話はしないことにしている(笑)。

ブログを書き始めてなにか変化があったか、と質問されたら「なにもない」と答えるしかないだろう。別に内省するわけでもなく、ライフログでもなく、アイデアの種のようなものを格納しておく場所でもなく、ただ、思いついたとき、気が向いたときに書く、というだけなので。それ以上の意味はないし、意味を持たせたら逆にいろいろと書けなくなってしまったかもしれない。マイペースという言葉がピッタリなのだろう。今後もそのペースで書きたいと思うし、書きたくなくなったら即更新を停止するだけのこと。

ただ、なにか事を成したいと思い立ったら、もっと頻繁に、もしかしたら別の場所に、新しいブログを書き始めるかもしれない。こういう能力のある自分がいますよ、広いネット世界の中で、その能力を探している人がいれば、このブログを通して見つけてください的な。マーケティングツールとしてのブログ、セルフブランディングやプロモーションとしてのツールとして、ブログは意外な効果を発揮するはずだ。ブログを通して発見されているだろう、以前だったら埋もれてしまっている才能もたくさんあると思う。

ただ、ある程度の年齢の人や、社会的地位のある人物は、ブログを書くことで、逆に「その程度か」と思われる危険性が高い。事実、書かれているブログを読んでガッカリしたという経験は一度や二度ではない。年を重ねるとともに経験を積み、知見が増えることが、年少者との差異であり、その違いが年輩であるということの価値を生んでいた。が、今の時代はそれは通用しない。多くの経験は直接しなくても手に入るし、知見はそこら中にある。ブログの魅力はもしかしたら「平等さ」なのかもと、最近考えている。