読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

中途採用が超難しい理由。



連載が更新されたのでサブノート的なことを。先ほど、編集長の吉岡綾乃さんとランチを食べていたのだが、その会話の中で来週のオチを見事に的中されていたので、これを読んだだけで予見できる人はできるということなのだろう。今回のコラムはいわゆる「公募」と呼ばれる仕組みでの中途採用を念頭においているけれども、斡旋と呼ばれる領域においても同等である。人が採れないの理由はとてもシンプルで、人材要件を満たす人が転職市場と呼ばれる場所に登場しないから、だ。

パッと見でわかるキチンとしたキャリアとスペックを持った「転職したいと考えている優秀な」人は、公募や斡旋という領域には、なかなか登場しない。仮に登場しても引く手数多である。多くの企業は金額や待遇、自社のネームバリューで敗北することは目に見えている。そもそも登場する前に「どこかから声がかかって」席替えをするように転職してしまう。業者などと呼ばれ揶揄される存在の人材業界の人の介在価値はゼロである。また、転職市場で顕在化する人の中には「欲しがられない」人も含まれてしまう。


市場で「転職したい」と大きな声を上げる人は「欲しがられない」人であり、「こういう人が欲しい」と企業が大きな声を張り上げても、そんな人は頑張って大声を出している場所にはいない、という皮肉な事態は、もう何年も変化していない。これはミスマッチではないことは一目瞭然だ。ただ、そういうと怒られそうだからいわないけど。グランドに落としたコンタクトレンズを探すような努力を企業の採用担当者はしている、といってもいいかもしれない。まあ、それを代行している業者もいるんだけど。

古い採用の仕組みの極めて残念なところは、ポテンシャルを計る方法がほとんどないことだ。実務経験という言葉の重さが作り出す壁によって、多くの「いろいろと頑張って勉強して、資格を取得しました」という人たちは、弾き返されてしまう。頑張って勉強する能力、実際に資格を取得した基礎知識などがあれば、それは十分なポテンシャルなはずなのに、企業は「やったことがある人」を欲しがり続ける。ここにも大きな問題があるのに見逃されてしまっていることが悲しいなと日々思っている。以上、来週の予告(笑)。