簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

見つからないを探し出す。



エンジニア採用の技術の連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。エンジニアに限らず、採用の最も難しいのは「欲しい人がどこにいるのかわからない」ということに尽きてしまう。以前から繰り返し書いているが、新卒一括採用がどうして美味しいのかというと、就職したいと考えている「均質な」人たちが、一定数のカタマリで存在しているからだ。そこだけにアプローチすればいいという、実に効率的でコストパフォーマンスのいい方法論は、なかなか存在しない。だからなかなか終焉を迎えないともいえる。

転職市場の難しいのは「働きたいという人
が、一カタマリにはなっているけれども、その質が一定ではない。職務経歴などがハッキリしているので、実は新卒の学生よりはずっと「質の担保」は出来そうな気がするが、出来ると感じている採用担当者は少ないと思うのだ。理由は小さな声でしかいえないが「転職顕在層に優良な人材の含まれている割合が少ない」可能性が考えられる。まあ、あくまで可能性レベルだけどれど、といいつつ、現場ではそういう声が大きいので、やはりある意味で「芯を喰った」話なのだろう。

だから、企業も人材ビジネスの業界も「顕在層ではなく潜在層に」アプローチしたがるがこれはなかなか難しい。転職したいと考えている人はたくさんいる。が、その多くは積極的に何か行動しているわけではない。何かあればと「備えている」タイプだったり、どこか良いところがと「目移りしている」タイプだったりと、行動も志向もマチマチ。捕捉の難易度は高い。結果として「いそうな場所」に網を張って、ジッと待っているよりほかないという感じになる。積極的に罠を仕掛ける企業もあるが、それはまだ少ない。

いろんなところでボタンの掛け違えが起こっている。それを目の当たりにしているので、かけ直している最中だが、そもそもボタンの掛け違えって、実は一度全部外してから、再びかけ直すほうが早いし、確実だったりもする。しかし、残念なことにすべてを外して一からやり直しましょう、という機会はなかなか作れないし、その勇気がある人たちはそれほど多くない(むしろ存在しないだろう)。ということは、逐次対応しながら、部分最適をしていくしかない。当たり前の話をコラムにして浸透を図るのも、一つの手なのだ。