読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

良い人は人を引き寄せる。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。特にエンジニアにはその傾向が強いと感じているのだけれど、良い人が別の良い人を引き寄せるというケースはとても多い。良い人は良い仕事に引き寄せられていて、結果的に人についていくことで良い仕事にも出会える可能性が高いという、極めてシンプルな図式だ。採用担当者たちも十分に理解しているはずなのだけれども、その構造をどうも上手く活用できていない。結果として、その裏返しである『人が流失してしまう』ケースばかりを耳にする。

個人的なブログなので書いてしまうが、結果として採用担当者の多くが、経営陣と『握れていない』ことが原因なのだと思う。何人必要である、という数字は見えている。その質も追求されているように見える。しかし、企業(正しくいうと経営陣だろう)が思い描く成長戦略と、採用担当者の意識がすり合わなければ、その企業に人が留まり、良いパフォーマンスをあげてくれるわけがない。わかりきった話なのに、できていると胸を張れる企業はそれほど多くない。不幸ばかりが生まれてしまう現場なのだ。

いろんなところで同じことを書いているし、どこでも一緒の話をしているので繰り返しになってしまうが、人が辞めない職場を作ることが、最も効率の良い採用戦略なのだ。それに尽きるといっても過言ではない。人が辞める理由は千差万別なので辞めることそのものを止めることは出来ない。が、少なくとも職場環境や待遇などの『企業の努力によって改善できる可能性が高い』要素は、極力向上させるだけで定着率は高くなるはずだ。そうすれば良い人が、また別の良い人を引き寄せてくれるようになる。

採用担当者は、ほかの採用担当者の成功事例には耳を傾けたがる。しかし、自社の現場の声に真摯に向き合う姿勢が足りないというケースは多い。灯台下暗しということわざをポストイットに書いて、パソコンにでも貼っておいてほしいくらいだ。どうして人が流失してしまうのか、それを考え抜き、しっかりと対策を立てない限り、穴の空いたバケツに水を入れているみたいなものだ。まあ、人材ビジネスをやっている企業は、それはそれでありがたいことなのだが、それはまた別の話ということで(自粛)。

就活生向けのブログもコッソリと書いています!→ ココ