読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

人は他人をよく見ている。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。転職潜在層に転職を働きかけるのはなかなか骨が折れる。リンクトインなどで一本釣りしようと思っても、ほとんどが徒労に終わる。結果として『数を撃てば当たる』スタイルでしかない(解消する方法はいくつか思いついているけどそれは本業なのでここでは内緒・笑)。現状は『辞めない環境を整えた』その上で『自社のエンジニアに誘わせる』のがベター。詳細は連載コラムを読んでもらえばわかるけれども、要は『人は他人をよく見ている』ということだ。

例えば、毎日愚痴を垂れ流しているツイッターのアカウントを見て「よし、ココの会社でひとつ自分を鍛えるか」なんてマゾな人はそんなにいないだろうし、どう考えてもひどい環境で働いていることを日々フェイスブックのウォールに投稿している人が勤めている会社が求人していても、そこに入社したがる人はいない。逆にいえば、自社が求人をする際に、勤めている従業員がそれに協力しない場合、採用担当者は自社の環境を再点検するべきだろう。少なくともどこかでひずみが生じていることは間違いない。

ただ、これもモノは考えようだともいえる。やる気のまったくない、ただ毎日会社に来ていわれたことを最低限やる(正しくいうと自分ではやっているつもりでいる)というエンジニアだけを採用したいと考えるなら、勉強会に参加したり、自分で熱心にネットワーキングしたりするエンジニアは異質だし、そんな人がいたら、かえって雰囲気が悪くなるので採用しない方が良い。辞めたら補充、補充できなくてもルーティン採用、それでも採れなければ現場に頑張らせる、という考えも悪くない。一つの見識。

世の中にはいろいろな考えがある。会社だって様々な方針で経営されていて然るべき。正しいとか間違っているとか、そういう判断は外野がするべきではない(法令遵守の状態ならね)。ただ、採られるサイドの幸せは、もう採られる側で守るしかないのかなと思い始めている。働く人の環境はそこで働く人がつくり出す。エンジニアにとって素晴らしい環境は、もはやエンジニアが頑張って作るしかない。そのためには、エンジニアにとって働きやすい職場に頑張ってもらうしかないという『ニワトリタマゴ』。