読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

無い物ねだりの採用担当。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。エンジニアを転職させたいと翻意させる技術は、実はそれほど難しくない。いま働いている環境が『劣悪である』と自覚させれば良いのだ。隣の芝生は青いということわざ通り、自分の置かれている環境と、周囲のそれとを比較すると、以外に周囲がそれがいい、と思ってしまうのだ。逆を言えば、エンジニアを転職させない技術としては、周囲よりも圧倒的に『芝生が青い』ことを伝えれば良いのだ。シンプルで当たり前の話なのだが、なかなかわかってもらえない。

「ウチの芝生は青いよ」ということを伝えたがっている採用担当者は多い。嘘だと思うなら、自社のリクルーティングサイトをのぞいてみるといい。ずいぶんなお金をかけてたいそうなそれを作っているはずだ。しかし、それを見てもエンジニアには『青い』と感じさせられなければ意味がない。しかし、エンジニア出身の採用担当者でなければ、エンジニアの青いと感じる、いわばスイートスポットのようなものが理解できない。残念なことに、私もたいして理解できるわけではない。そもそも芝生って緑だし(冗談です)

詳細は連載コラムを読んでもらえれば良いが、まずは『自社の芝生は青いのか』を採用担当者はキチンと点検した方が良い。そして、それが独りよがりになっていないのかを、客観視するために、別の人(=エンジニアがベスト)にアセスメントしてもらうことを強くお勧めする。自分たちの思いを伝えようとしても、共通言語を持っていなくて、しかも、相手が理解する言語が使えないとしたら、それはなにをやっても徒労なのだから。わかりやすい努力はしたほうがいい。出来る努力だけをしても、それは無駄なのだ。

先日、エンジニア採用のイベント開催(興味ある方はお声がけください)の打ち合わせのために、ある求人サイトを運営する取締役エンジニアと雑談していた。彼女と話していると、エンジニアのツボがよくわかる、いや、嘘だ、自分がエンジニアのツボを外していることがよくわかる(汗)。だからこそ、痒い所に手が届くサービスや、採用担当者の痛いところを突きながら、エンジニアが『やや』共感するコラムが書けるのかなと思ったりする。まだ片言しか話すことが出来ない、そんな感じ。日々精進(笑)