読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

就活と期間短縮と新潮流。



連載が更新されたのでサブノートを。就活の効率化の是非は、あえて問わないこととしたい。ただ、現状が効率化に向かって走っている理由の一つに『就活(正しくいうと採用広報)期間の短縮』が挙げられるだろう。企業も就活生に自社の魅力を伝える時間が足りないことを憂慮している。そう書くと「エントリーシートがテンプレート化することと、採用広報期間が短くなることにどんな関係があるのか?」と怒ってしまう人もいるかもしれない。が、そういう人は、就活に関して語るべきで(以下自主規制)。

コレを読んでいるはわかっているという前提で話を進めるが、採用広報期間が短くなってしまうと、企業と就活生の接点は間違いなく減る。それを防ぐためには、入り口であるエントリーシートなどの『テンプレ化できそうな部分』の負担を軽減することで、選考というプロセスに簡単に乗せてしまうという側面もあるのだ。選考のとっかかりが採用広報とイコールになると。予兆としては「ウチは入社説明会に参加していない人は、その後の選考には進めません」というものがあったが、構図は違うが意図は近い。

結果だけ見ると、個性的な採用をするためのエントリーシートが、まったく違う進化を遂げて、テンプレなエントリーシートを見るのはうんざりといっていた採用担当者たちが、積極的にテンプレ形式のエントリーシートを採用し始めた。ということは、もう、次のステージに進むしかない、つまり現行の仕組みでは、手詰まりになってしまったということの現れなのだろう。新卒一括採用はまだまだ効率が良い採用方法なので、すぐに止めてしまうという選択肢はない。しかし、方法論は見直される時期なのだろう。

ただ、企業はここで勘違いをしてはならない。自社を理解してもらえない理由、もしくは自社と就活生が接点を持てない理由を『採用広報期間が短くなったから』としてしまうと先に進むことは出来ない。そう、それだといままでの方法論ありきになってしまうから。大切なことは『どうやったら自社について、応募者*1に興味を持ってもらえるのか』を真剣に考えるべきだ。そして、思いついたらすぐ手を打てば良い。いまや、大層な仕掛けがなくても、人は動かせる時代なのだから。手弁当歓迎の時なのだ。

*1:あえて就活生とは限定しない