読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

エンジニアが採用をする。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。今回、冒頭からお詫びしたりしていますが、関係各所にネタを相談したところ「あー、それは過激すぎるので、書かない方が良いと思います」といわれてしまい自粛しました。聞きたい人は、ここでエンジニア採用の勉強会をこぢんまり開催する予定なので、直接私に聞いてください。たぶんはぐらかすと思うのですが、それでも面と向かって好奇心旺盛に聞かれてしまうと、コッソリと耳打ちくらいはしてしまうかもしれません(苦笑)。

さて、エンジニア採用について。もうエンジニア採用はエンジニアがおこなった方が良いんじゃないか、というシンプルな提案。当然、長期的な視野に立って、それこそ企業が組織としてどうあるべきなのかという話をキチンと考えた上でのチャレンジにはなると思うし、実際、道のりは長いような気がする。しかし、もう、エンジニアの採用を、エンジニアのことがまったく理解できない採用担当者や、役員がする時代ではないのかもしれないとも思っている。

当然、従業員としての雇用なのだから、組織の一員としての資質はとても重要で、それをアセスメントするための人は必要だ。しかし、任せられる仕事によって、求められる資質のバランスは変わってくるはず。人柄もよく、気働きもでき、コミュニケーション能力も高いけれども、エンジニアとしての資質もスキルも持ち合わせない、という人を採用する人はいないだろう。ただ、逆のケースは採用されることが多い。だから、現場の意見が通らない、使えない人間をなぜ採用するのか、という話になってしまうようだ。

ただ、だからといって、当のエンジニア自体が、できるエンジニアをアセスメントできるのかというと、それはまた別の話であるようだ。エンジニアに求める資質は、他の職種と同様で、多種多様。人によってまちまちだ。ただ、アセスメントする方法をエンジニア自身に見つけてほしいと委ねることはできるかもしれない、とは考えている。彼らの合理性をもってすれば、最適解を『よってたかって』考えるかもしれない。そういう動きになれば良いなと、少し期待している。当然、仕掛けようとしている。お楽しみに。