簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

就活生にお勧めする五冊。

以前「就活を始める前に読んでおいた方がいい本を教えてください」と聞かれたことがある。自分の著者を含めていくつか挙げておいたが、いま同じ質問を受けたとしたら、という仮定で、改めて選んでみた。これだけは読んでおいた方が良いと思う。

フェアトレードで買う50の理由

フェアトレードで買う50の理由

  • 作者: マイルズリトヴィーノフ,ジョンメイドリー,Miles Litvinoff,John Madeley,市橋秀夫
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

フェアトレードには賛否両論あることは承知している。それを踏まえた上で、自分が製品を作るということ、そして作られた製品を販売するということを、真摯に捉え直すキッカケになる一冊だと思う。グローバルな視点で仕事をと考えるならなおさら。

資本主義に徳はあるか

資本主義に徳はあるか

  • 作者: アンドレコント=スポンヴィル,Andr´e Comte‐Sponville,小須田健,コリーヌカンタン
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

仕事について考えると、必ずモラルや金儲けの善悪という話がつきまとう。考えてもよくわからなくなってしまう。この本は、フランス人哲学者が『秩序』という視点から資本主義について整理している。自分自身の視座視点づくりの参考になる。

機械との競争

機械との競争

  • 作者: エリク・ブリニョルフソン,アンドリュー・マカフィー,村井章子
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2013/02/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 46回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る
 

話題になった一冊。この本にも賛否両論ある。ここで予言されているような状態にはならないという言説も多い。しかし、ある職業が機械の発達によって奪われた歴史があることは事実。自分のこれからを考える前に、目を通しておくべき一冊だ。

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)

  • 作者: ヘンリー・ディヴィッドソロー,Henry David Thoreau,服部千佳子
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

仕事について考え、将来について考え抜いて、疲れ果てたときにお勧めの一冊。パッと開いたページを読むだけで頭がクリアになっていく。『機械のように働かない。人間らしく生きるために。』164ページからの引用。グッと感じるものがあるはず。

就職しないで生きるには

就職しないで生きるには

 

誰もが推薦する一冊。私も自著で紹介した。ただ、当時はここに書かれていることは理想的な話であり、誰もができることではなかった。でも、いまは違う。好きに生きるための道はたくさんあり、そして、前を走っている見本もいる。素晴らしい時代。

就活が始まると忙しくて、読書なんてできないはずだ。だからこそ、時間を見つけて紹介した本を手に取ってほしいと思っている。迷ったときに、答えは自分の中にある。しかし、気持ちを言葉にするヒントは心の外にあるのだから。そのための本なのだ。

こんなことは誰でも知っている!会社のオキテ

こんなことは誰でも知っている!会社のオキテ

 

あ、自著も宣伝しておこうっと(笑)