読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

新卒採用に正解などない。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。今年は就活スタートのタイミングであえて就活については触れないコラムにしようかなと、少し考えて、先週のコラムは続き物にしたのだけれど、いろいろと新しい動きが出てきそうだと聞いていたので、ギリギリになるまで待って、原稿を差し替えての掲載。新卒一括採用に面白い取り組みをする企業が増えてきたという側面に注目してみると、シューカツなんて馬鹿らしいという議論から抜け出ることができるかも、というささやかな期待を込めて書いた。

どうせ、今回のコラムも賛否両論になると思う。事実、今のところ最もインパクトがあったドワンゴの『就活生向け課金』にしても、意見が分かれているところだし。私自身はどうかと問われると「賛成でも反対でもない」という感じだろうか。彼らのサイトには、新卒一括採用に対して一石を投じたいと『ちゃんと明記』してある。議論が巻き起こるだけでも、彼らの意図としてはオッケーなのだと思う。このやり方は正しいとか、馬鹿じゃないのかとか、いろいろな意見が出ただけでも、アリな話なのだろう。

世の中にはいろいろな企業があり、いろいろなビジネスを展開している。だからこそ、価値観も多様化しているし、なにが正しくてなにが間違っているという話ではない。こんな当たり前のことが、多くの人が意外にわからなくなる。自分の考えは正しい、あいつの考えは間違っているとがなり立てて、声の小さい意見を黙らせてしまう(とはいえ、そういうやり口そのものも、人それぞれなので、非難しているわけではない)。採用にしても、嫌なら自分の会社は新卒採用はしなければいい。ただそれだけのことだ。

就活ナビサイトというツールを使って採用するのも手だ。自社サイトを運営して採用するスタイルもアリだろう。まったくサイトなどを使わないで『マンツーマン』で採用する仕組みを作る担当者もいると思う。就活生に「どうやったら内定取れますか?」と質問されて「就活には正解はないと思うよ」と答える大人はたくさんいるだろう。それと同じことだ。新卒一括採用にだって、正解はない。自分たちが『効率よく』『高品質な』人材を採れればそれでいいはずだ。だって、採用担当者のミッションはそれだからね。

#連載コラムの冒頭で『就活スタート』的なことを書いているけど、当然便宜上の表現で、採用広報期間がスタートした(しかも法的拘束力はない話)ということです。