読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

エンジニア出身という罠。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。エンジニア出身という言葉がマジックワードであることに気がついている(正しくいうと自覚しているか)エンジニアはどのくらいいるのだろうと、彼らと会話をしていて気になることが多い。穿った見方をすればその言葉に寄りかかっているというか、免罪符になっているというか、安心してしまっているというか、思考停止してしまっているというか、むしろ、その言葉で『なにかを選別してしまっている』かのように感じる。エンジニアか否か。

ただ、エンジニア出身と称される役員や管理職に話を聞くと、ほとんどの人が『エンジニア出身であること』よりも、いまの役職や置かれている立場を優先して行動し、また発言をしている。当たり前のことだ。まあ、私たちに向いてはそういう言語で話をして、エンジニアに対しては彼らにわかる言語で話すという、ある種の高度な使い分けをしているのかもしれないが、たまにエンジニア自身が勘違いしてしまっているケースを見てしまうと『もんにょり』した気分になってしまう。

この連載は『非エンジニア領域にいる人間』が『いかにしてエンジニアを採用するのか』というのがテーマなで、エンジニア出身というマジックワードを存分に利用したらいいと思うと勧めている。そう、利用できるものがあれば、なんでも使えばいいのだ。エンジニア出身の採用担当者がいて、エンジニアの気持ちがキチンと理解でき、なおかつ、エンジニア出身の役員がいて、技術に精通していて自分の実力もちゃんとアセスメントしてくれるという印象が与えられれば、求職者はたくさんやってくるはずだ。

ただ、そういうポジションに『エンジニア出身者』を貼っておいて、実際のところはまったくエンジニアオリエンテッドにはなっていない企業があったとしたら、すぐに化けの皮ははがされてしまう。とはいえ、そのポジションにエンジニアを置くことによって、エンジニアにとって働きやすい企業に『素直に考えればなるはずだ』ともいえる。という、二段オチのようなコラム(しかも二段目の落ちはブログにしか書いていない)は、ネット上できっと叱られるのだろう。はい、覚悟しています。ごめんなさい。