読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

教えられないこともある。



連載が更新されたので、サブノート的なエントリーを。本来はスキルや知識が求められる仕事なはずなのに、未経験者歓迎という求人広告が打たれている仕事について、どうしてそういうことになるのか、という話。別に目新しいことではないし、とりたててビックリするような知見が得られるわけではないので、お暇ならばどうぞ、という感じだろうか。ただ、当たり前の話すぎて、意外と忘れている人も多いだろうから、読んで損はないとも思う。特に夢見がちな中年は、ぜひ読んでほしい。現実をみなきゃね。

組織で働くということは、どういうことなのかを忘れてしまっている人が多いと、最近痛感する。まあ、自戒の念を込めていえば、働くということに関して、私たちのようなフリーランスや、それに近い人たちが「自由に」「自分らしく」「好きに」「楽しく」と叫び続けている弊害もあるのだろう。当たり前だが、そんな働き方を実現している人はごく一握り。目指すな、とはいっていない。ただ、それか当然の世の中になっているのか、と問われれば、もちろん、そんなことはまったくない。

こういうことを書いてしまうと「コレからの時代は、誰でもいいという仕事しかできない人は、その仕事すら得ることができなくなるよ」といって、失笑する人がいるだろう。しかし、そういう類いの話が出て、もうずいぶんになるが、いまだにそうなっていないし、これからもそうなりそうにない。誰でも良いけど、誰かがしなければならない仕事は、永遠になくならないし、そして、そういう仕事しかできない人だっているのだ。すべての人が前向きで、自分らしく働くことを望んでいるわけでもないし。

企業の採用におけるアセスメントは、進化を続けているようでいて、意外に旧態依然としている。しかし、今年あたり、そろそろ一周回って「もっとシンプルなもの」になるように気がしている。例えば「入社後に教えられること」と「教えられないこと」を区別して「必要だけれども、教えられないこと」を持っている人を採るために面接する、という感じのわかりやすさ。当たり前だが、教えられないことが備わっていない人を採るのは、教えられることが備わっていないよりもコストパフォーマンスが悪いのだから。