簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

残念な仕事をしないため。

この本は面白い、というよりも、たくさんの人に読んでほしくないかも(笑)

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

  • 作者: Mary Lynn Manns,Linda Rising,川口恭伸,木村卓央,高江洲睦,高橋一貴,中込大祐,安井力,山口鉄平,角征典
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2014/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

仕事をしていると、極めて残念な進め方をしなければならない、というケースに直面することが少なくない。自分の努力ではいかんともしがたい、要は他人へと責任をなすり付けてしまわないと心の置き場がなくなってしまう、という状態だ。当然、そういうことにならないように事前に回避する努力はするし、打てるかぎりの策は講じておく、のだけれども、結果的に悲劇は訪れる。まるで運命だったかのように。という話を、昨日コンサルタントをしている友人と話しながら会食していた。首が痛くなるほど縦に振りながら。

紹介している本は、そんな状態を打破してくれる一冊、というわけではない。ただ、組織を作り出し、そして、その組織を円滑に動かし、そもそも組織が作られた目的に対してできるかぎり最短距離で走るために、考えるべきこと、そして、そのために必要になるだろう打ち手と、それを実践するために気をつけるべきことが、それこそ細かく、そして、極めてクリアに書いてある。結局、組織とは一人では解決できない問題(=目的)を、多くの人が集まって片付けてしまう(=そこにイノベーションが産まれたりする)手段であるということに尽きる。

ただ、その本質を理解していない人は、結果的に目的を見失ってしまって、途方もない場所に向かって走り出してしまう。組織で働くことの意味が分かっていないことが、どれほど組織に迷惑をかけるのか、自覚できない人が発生する原因の多くは、おそらくその辺りにある。この本を読めば、大切なことはなにか、クッキリと見える。だから、あらゆる人に読んでほしくない。だって、この本は「こうすればできるようになるよ」と、ノウハウを提示する手品の種のような一冊だからだ。あまり売れないでほしいと、できる人を装いたい私は密かに思っている(本音)