読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

新しい時代の就活や転職。



連載が更新されたので、サブノート的なエントリーを。毎週月曜日に続けてきた連載は今週で最終回を迎えました。といいつつ、来週から新連載が始まるので、実質的には続くということなのですが(笑)。どうして『看板をかけ替えるのか』という話について少しだけ。ポイントは二つあって、ひとつは「もっと幅広いテーマで書くべきことが出てきた」ということ。就活や転職だけにフォーカスしても、物事の核心部分には触れられない話も多い。だから、少しレンジを広げてみようかと。

もうひとつは「就活や転職は新しいフェーズに入っている」ということ。連載当初はそろそろ変わるかなー変わらないかなー、という兆しに溢れている時期でした。結果的に、ほとんどの新しく登場したサービスは「あるけど、インパクトを出せていない」状態を脱しきれていませんが、存続できているというだけで、企業も個人も『選択肢が広がっている』という、ある意味で健全な状態にはなっています。この部分は、新しい連載でも引き続き取り上げる予定ですが、ま、控えめでいいかなと。

それよりも、企業のメタボリズムについて、これからどう考えるべきなのか、要は入り口の考察を一生懸命やってきたけれども、入れたら出す、定着させるという部分がもっと注目されるべきだろうと改めて思った、という話。その部分にもしっかりとフォーカスして、世の中に新たな視座視点を提供していこうかなと。当然のことながら、学者でもコンサルタントでもなく、現場で声を聞き、改善を提案し、実行してもらっている、ただのクリエイティブディレクターなので、限界もあります。

それでも、組織が正しく新陳代謝を行うためには、どうすればいいのかというテーマの延長線上に、個人がどう幸せに働くことができるのかという大きなテーマが存在しています。その部分に対して、50歳までの三年程度をかけて、しっかりとアプローチしていければいいなと、思っています。って、大げさな決意表明みたいなエントリーになっていますが、実際は、来週からも引き続き、平常運転なので、相も変わらずよろしくお願いします、ということに過ぎないのですが。何卒ご贔屓に。