読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

仕事はもう与えられない。



連載が更新されたのでサブノート的なエントリーを。こんなコラムを書いてしまうと、かならず「そうなる前に自分でなんとかしておかなければならない」とか「自業自得なのに面倒見切れない」とか「使えないヤツを欲しがるところなんてどこにもねえよ」というお叱りをいただくことになる。個人的にはそういう考えもありだよな、と思っている。が「あなたにはもう、やっていただく仕事はありません」と突きつけられた人に対して「反省しろ、自分が悪いんだよ!」ということなんて、できっこない。

誤解を恐れずに言うと、企業の多くは働く人たちに対して、その多くを保障しない。少なくとも未来永劫の保障なんてない。まあ、かつてもなかったのだが、なんとなく景気が良くて、会社なんて黙っていても成長するものだという神話に基づく雇用形態が、日本っぽいと言われていただけのことで、いまも昔も、必要なら大事にするし、不要なら厄介払いをする。それだけのことだ。だからこそ、厄介払いされないために、多くの人は様々な努力をする必要がある。仕事は黙っていても与えられないのだ。

仕事は奪い取るものだ、という観点を忘れてしまっている人たちは、奪っていく人たちを遠巻きに眺めて「わたしだったら、あそこまではできないな」とか「あんなことをして楽しいのかな」と、嫉妬心を交えてつぶやく。が、結果としてどん欲に仕事に取り組む、いや、他人から仕事を奪い取っていく勢いの人ほど、仕事が周辺に溢れ、求められる人になっていく。それが幸せかどうかと聞かれれば、人それぞれというしかないが、仕事を求める、という観点からみれば、大正解以外のなにものでもない。

どうしても仕事をしなければならない人は、例えば、いまの職場に嫌がられてもしがみつく、地方でも海外でも必要とされるところへ移動する、相手との情報格差、ギャップを利用して自分を高く売る、どんな手段を取ってでも、仕事を自らの手の中に入れなければならない。新卒で就職しようとしている学生だって、基本的には同じだ。世の中の仕組みを憂い、他の人のやることを非難していても、仕事は誰からも与えられない。果報は寝ていても、残念ながら届かないのだ。