読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

いまできることを全力で。

一定の年齢になると、それまでは考えもしなかったことが、頭をよぎる。例えば、時間に関して。当たり前だが有限で平等で過去は修正できないし未来は約束されていないのだけれども、その大事さに気がつくのはずっと後のことだ、ということに思いをはせる自分がいて、信じられないくらい驚いてしまう。もっとしておけばよかったなどと自分が後悔するなんてもまったくもって動揺してしまう。だからどうということもないが。

同志社大学神学部

同志社大学神学部

 

他の人の青春時代を覗き見するのはとても楽しい。著者のことは地名度の割にはよく知らない。評価が分かれている人であることは理解している、あとは報道で聞きかじったくらいのことだ。ただ、この本は素晴らしい。学生時代に酒を飲んでいて、というおきまりのフォーマットなのだが、そこに流れている時間がうんざりするほど濃密で、うらやましくなるほど考え、そして学んでいる。知を吸い込む音が聞こえてくるくらいだ。

自分にそういう時代、いや、大げさだ、時期があったのか、と聞かれるとなかったとは言い切れない。しかし「あったよ」と、さりげなくけれども胸を張っていうほどの自信もない。極めて曖昧で、そして、ごくフツーの時間なので、卑下する必要もないのだけれども、他人を羨んでしまう程度のものであることに、ちょっとがっかりしてしまうのだ。濃いだけが人生ではない。けれども、薄いのはやっぱり嫌だなと。でも戻れない。

これからでも遅くない、という程度でなにか学ぼうと思っても、それくらいの動機では自分自身にしっかりと根を下ろしてしまっている日常には抗えない。もっと純粋で、強い動機があるにこしたことはない。この本を読むと「うわ、勉強したい。いろいろと学んでみたい」とクッキリと、それこそ、焦りにも似た気持ちが芽生えてくる。失った時間を取り戻すことはできないけれど、これからの時間を失うことは、まだ回避できる。