読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

食べた気利用ダイエット。



タイトルは釣り(笑)長年ターザンという雑誌を愛読している。というと、私を知る多くの人は不思議に思うだろう。スポーツマン体型とは程遠いフォルムだし、そもそもスポーツなんてしない。もー、随分していない。ジムに行ってプールに入ることはあっても、せいぜい身体を浮かべているかヨチヨチと歩いている程度で、それをスポーツと呼ぶ人がいたなら、私だって立派なスポーツマンだけれども、そんなことはありえない。けれどもコンビニで見かけるターザンはなかなか魅力的だ。うん、腹筋割りたい。

で、買って「なるほど、これで腹筋が割れるのか。うん、これは知っているし、この情報はこの間の号でも見たし、このノウハウはもはや自分の手中にあるといっても過言ではないな」と思いつつ読むのだ。それでおしまい。私は残念なことにそれで十分満足してしまって、結果的に腹筋すらやらないし、お腹は割れない。だるんとした肉が付いていて、雑誌を読む前と何も変わっていない。当たり前だ、多くの問題は読むだけで解決するはずもないこと。だが、読んでしまうことで意外に片付いた気になってしまう。

キャリアアップに役立つ情報も、この構造に似ている。いや、ダイエットやボディメイクほどは苦行が伴わないから、少しは実行に移しやすいか。ただ、いずれにしても「読んでやる気になる」ことと「読んでやった気になる」こととは、文字の感じはとてもよく似ているが(それこそサカタカツミとササミカツ以上に似ている)大違いだ。その悲劇を避けようと思うと、強い意志を持つか、それこそキャリアアップに役立つ情報の洪水から逃れるしかない。日常に溢れる有益といわれる情報の多くは価値は低い。

役立つ情報の多くは、誰かが問いを立ててくれていることに最初の有益性がある。薄々感じていた違和感の正体が、誰かの立てる問いで「なるほど、これだ」とスッキリすることは少なくない。しかし、裏を返せば、その部分の効率化を追うほど結果として「問いを立てる能力」が、育たなくなってしまう。わからないからネットで検索している間はいい。いつの間にか「自分がわからないこと」もネットで見つけるようになる。それはそれで怖い。だって、そうなってしまっていることに気づきにくいからだ。