読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

毎日、丁寧に、はたらく。



ベテランの域に達しようとしている女性会社員に「もう何年も毎日同じ仕事をしていても、職人の世界だと素晴らしい匠の技だと評価されて、事務職だとお局扱いなんだよね、これって差別だよ」とぼやかれたことがある。同時に「あなたにしかできないから頑張って欲しいと仕事を依頼するくせに、実際のところは、誰にでもできる、いくらでも代わりのいる仕事なんだからと、二枚舌で接する企業の経営者ってどういうつもりなの」と、なぜか怒られたこともある。私が怒られなくてはならない理由は定かではないが、言い分は痛いほどわかる。残念ながらその問題の多くは、すぐには解消されない。

会社の中で仕事を覚えて、年齢を重ねると同時に経験も積み上げ、ビジネスマンとして成長を遂げるというモデルである以上、ある仕事で一定の経験をした後は、次の仕事に移らなければならない。その席は、あなたの次の「成長させるべき人」が空くのを待っているからだ。逆に言うと、そういうモデルを採用していなければ、違った結果になる可能性はある。ちなみに、職人の世界が引き合いに出たけど、当然のことながら、一流の職人になるためには覚えることがたくさんあり、できることを増やし続けたからこその「日々の繰り返し」がある。一生勉強、という世界なのだが。他人の芝生は青いと。