簡素な生活。

サカタカツミのブログ。連載のサブノートが中心。すべての働く人たちに。役に立つ話も立たない話もあり。

天動説社員との接しかた。


久しぶりに寄稿。この原稿のもとになるメモを自らのFacebookページにポストしたところ反響あり、原稿にしてくださいと担当編集者から依頼されたので、簡単に加筆して仕上げてみた。世界の中心は自分である、というある意味当たり前のことを、小さなころから言われ続けてきた世代にとっては「なにをいっているの、このおっさん」と言われそうな内容だが、まあ、アイドルといえば松田聖子世代にとっては、まだまだ違和感のある出来事だったのだ。そして、その世代が企業という仕組みの中ではまだまだ頑張っている。それがいいことなのかどうかは別にして。

メディアには書かなかった部分で、個人のブログで補足しておくと、このタイプが活躍できる企業はそれほど多くない。一つは「大企業」だろう。すべての従業員がフル稼働しなくてもいい、という余裕のある組織なら、こういうタイプは所属させておくべきだろう。そして、できればしつこいくらいに何度もチャンスを与えるべき。万が一ヒットを打つかもしれない。もう一つは「すべてこういうタイプのベンチャー企業」だろう。特にスタートアップレベルの企業に、聞き分けのいい人はいらないかもしれない。俺様気質の人がぶつかり合い、それこそ軋むような風土なら、このタイプは不可欠。

逆に、絶対に採用してはならない企業は「余裕のない企業」だろう。これは企業サイズによるところではなく、何事もルール化する、イノベーションですら仕組みで生み出そうとする、さらにいうと型にはめることで(以下略)そういうタイプの企業には、この手の天動説社員は向いていない。機能するかしないかわからないし、機能させるまでのコストがかかりすぎる。しかし、そういう企業に限って、採ってしまうんだなー、このタイプ。閉塞感を打破するとか、次世代を育てるとかいって。そして、閉塞感の原因になっている現状を改善しないから、天動説社員は潰れてしまう(ことが多い)。

(加筆)もうひとつ。小さな組織でギリギリ、それこそ余裕のない規模の企業も採ってはいけないだろう。自らの頭で考えるということを、それこそ勘違いしてしまって、組織としてどう動くべきなのかを「勝手に考えてしまって、結論を出して、動いてしまう」タイプは、その組織にとってお荷物にほかならないからだ。見分けがつきにくい、かつ、自覚していないタイプが多いので難しいところだけれども、小さな組織は全員が「目的のため」に動く必要がある。無駄をしている場合ではない。そして、その目的は自らのために、というところではないところが大切なところだろう。

天動説社員を手放しに認めたり、貶したりしているわけではなくて、彼らが自分のポジションに帰って自己肯定してしまう、その行為に対してどのように対処するのかは考える必要があるという話だ。成長のためには、殻を破る必要がある。そして、その殻を破るための力の多くは、ある種の外圧だ。が、ただ押し付けたとしても、感じのいい切り返しで、でも自分の意志は曲げない、自分は間違っていないとなって終わってしまう。かといって、自分でやらせて失敗したとしても、それを失敗と認めることなく、かつ原因を自分ではないところで探して納得しようとする。それを追い込んでも無駄。

世の中にはいろいろな人がいる。なんて当たり前の事実だろうか。しかし、結果としてだからこそ、組織として機能させることは難しい。相手との違いを認めて、尊重しつつ自らも成長するという、これも「いまさらなにいうてんねん」という話が、働く人の誰もの前提になっていればいいのだが、残念ながらなっていない。その前提があってこその天動説社員なのだが、残念ながら天動説社員の多くはそのことに気が付いていない。結果として、彼らの周辺のそうじゃないタイプが苦労することになる。事実、原稿に書いたアイドルグループでも「まじめな人が損をする」といった人もいたようだし。

やっかいなことに、組織の作る裏方だった人事担当者自身もフォーカスされるようになり、それを機に「あー、この人は天動説タイプだな」という人事は増えた気がする。まあ、人事権を振りかざすタイプはそもそもそうじゃないか、という指摘はさておくとして。結果として自分と似たようなタイプを採ってしまい、採られた(就職活動という狭い世界での)成功者たちが、次の天動説社員を再生産する。新卒採用時に、自分のやりたいことを問うようになってもうずいぶんになる。その結果としての天動説社員に戸惑っているとしたら、まあそれはそれで自業自得なんだけど、それはまた別の話。